ビジネスフォンはリースと購入のどちらがお得?

ビジネスフォンはリースと購入のどちらがお得?

ほとんどの企業がビジネスフォンをリースで導入しています。
リース会社に月々の支払いをし、一定期間の利用ができます(基本は3年~6年)。
導入時に最新のビジネスフォンが手軽に利用でき、リースの契約期間が終われば新たに最新機器をリースすることも可能です。
一般的な導入方法ですが、メリットとデメリットについても知っておく必要があります。

■ビジネスフォンをリースで導入するメリット ・購入資金が不要である ・月々のリース料は全額経費に計上できる ・導入時においての最新機器が使用できる ・事務処理が省ける
■ビジネスフォンをリースで導入するデメリット ・購入するよりも割高になる ・中途解約ができない(解約金が掛かる) ・買い取りができない(再リースはできる) ビジネスフォンの法定対応年数は6年ほどになっています。
リースにもデメリットがありますが、対応年数を超えた後の故障や中古化を考えると購入するよりも安いです。
IPフォン・モバイル対応・ルーター内臓のビジネスフォンが主流になりつつあるので、購入してしまうと時代の波に乗れなくなってしまう可能性もあります。
どのようなタイプのものを導入するのが一番いいのかを考え、賢くリースを利用するようにしましょう。

    Copyright(C) 見直しビジネスフォン All Rights Reserved.