ビジネスフォンの接続方法とは?

ビジネスフォンの接続方法とは?

家庭電話の回線も多様化していますが、ビジネスフォンに使われる回線も多様化しています。
接続方法によって工事も変わってしまうので、将来性も加味しながらより良い接続方法を考えなければいけません。

■アナログ回線 黒電話の頃からある回線です。
1回線で1着信しか受けられないので、規模が大きい企業で使われることはめったにありません。
自営業・小規模事業所で導入する場合がありますが、インターネットの常時接続が当たり前となった今では主回線としての導入数は少ないです。
しかし、安定した通話ができたり停電時にも使用できたりと、東日本大震災をきっかけに見直されました。
緊急用に回線を引く企業が増加しています。

■ISDN回線 インターネットでの通信が浸透してきた頃に、安定した通信を行うために作られた回線です。
1回線で2着信が受けられます。
アナログ回線と同じメタル線を使用しますが、デジタル化させることでクリアな音声と複雑な通話にも対応できるようになっています。

■IP電話回線 インターネット環境が整っている現在では、常時接続が当たり前となっています。
電話回線と光回線の両方を引きこむのではなく、光回線のみで電話もインターネットも使用する方法です。
着信数に柔軟性があって通話料金が一律となることから、多くの企業が取り入れています。
しかし、アナログと比べるとセキュリティ面には不安があります。
大規模災害時にはつながらないというデメリットもあるので、電話回線と光回線を別にしている企業は多いです。

    Copyright(C) 見直しビジネスフォン All Rights Reserved.