ビジネスフォンの引っ越し方法とは

ビジネスフォンの引っ越し方法とは

既にビジネスフォンを導入している企業で、オフィスの移転がある場合はたくさんの手続きが必要になります。
ビジネスフォンを移動しただけでは電話回線がつながらないので、移転工事の流れを知っておきましょう。

■物件探し テナントによって、光ファイバーが使えない・メタル回線に制約がある・マンションタイプである、などの違いがあります。
移転前の物件とタイプが違えば、現状のビジネスフォンは使用できません。
同市内(区内)や隣接市内(区内)であれば電話番号は変わらないのが基本ですが、変わってしまうこともあるので注意が必要です。

■物件が決定したら ある程度のレイアウトを決めておく必要があります。
主装置を置く場所やFAX・サーバー・ルーター・LANなど、細かいことも決めておくとスムーズにことが進みます。
工事の手続きも必要です。

■引っ越しの日程を決める 引っ越しの日程が決まったら、事前に電話回線の移転を予約しておきましょう。
申し込み後から工事までは1週間前後の時間が掛かるので、引っ越し当日につながるように早めの予約が必要です。
全ての手続きを行うと、通常の業務に支障を来す恐れがあります。
ビジネスフォンの移設工事を一手に引き受けてくれる業者があるので、見積もりをお願いすることをお勧めします。

    Copyright(C) 見直しビジネスフォン All Rights Reserved.