見直しビジネスフォン TOP

このサイトについて

社会人として企業に属したことがある方なら誰もが目にするビジネスフォンですが、どういう仕組みなのかを説明できる方は少ないでしょう。
企業の規模や職種によって導入すべき機能が違うので、一度は“ビジネスフォンとは何か”を学んでおく必要があります。

■ビジネスフォンと家庭電話の違い
家庭では主回線がひとつあれば十分に対応ができます。
親機と子機があれば、電話としての機能が果たせるのです。

ビジネスシーンにおいては、部署や役職によって受ける電話が変わります。
それぞれに主回線を引きたいところですが、これでは転送ができなかったり会社の電話番号が乱立したりして不便です。
ビジネスフォンはこういった不便さを解決するために、主装置という交換機を置いて外線・内線のやり取りをスムーズにします。

■通話中の心配がない
企業には代表番号が設けられています。
家の電話機なら電話中は確実につながらなくなりますが、企業で電話がつながらないことはほとんどありません。
ビジネスフォンは複数の電話も受けられるようになっています。

■どこでも電話が受け取れる
主装置が同じ電話であれば、どの部署でも外線が受け取れるようになっています。
例えば、部長に掛かってきた電話を経理部で受け取った場合は、保留転送をするだけで簡単に部長につなげられるようになっているのです。

■コストが安い
いくつもの電話番号を設けていても、個々に電話料金が掛かるわけではありません。
最近では多様化しているので、IPやスマートフォンと連携させることで大幅なコストダウンのできるビジネスフォンも増えています。

    見直しビジネスフォン

    おすすめ情報

    簡単な報告や確認の連絡を取るのに電話を利用する場合、料金がかかってしまいますが、定額料金を払うことで通話料を無料に出来るおとくラインで料金の削減を考えているなら、FAXもどうように通話料を無料に出来るのでオススメです。
    国内での社内通話が24時間無料で社外への通話も最大30%割引になるおとくラインのモバイル向けサービスを考えているなら、1回線につき1000円(税抜)/月の無料通話がついているのでオススメです。
    今まで利用していた転送サービスやナンバーディスプレイなどの、NTT東日本・NTT西日本・KDDIの固定電話サービスと同等のものが継続して利用できるおとくラインなら、緊急特番への通話や、発信者番号通知サービスなどの基本サービスは今まで通り利用出来るのでオススメです。
    基本料金が40%~50%安くなる割引サービスもしっかりと付いてくるレンタル携帯を考えているなら、利用用途によってサービス内容を変える事により、より安く利用する事が出来るので賢く借りたい人には特にオススメです。
    Copyright(C) 見直しビジネスフォン All Rights Reserved.